トップの対処方法

ゴルフボールの上の部分を打ってしまい、ボールが高く上がらない、地面を転がってしまうショットはトップと呼ばれています。トップの原因には様々なタイプがありますが、今回はその代表的な事例の一つを取り上げてみましょう。

ある女性のゴルファーの例

まず彼女の場合は最初にグリップを変えることで、スライスをフックにしました。ところが3回に1回は出るトップに悩んでいました。
トップの原因は何だったのか?実は大きな原因が2つありました、
①ボールを上げようと心の中では思っていた
②ヘッドがインパクトよりも前に手を追い越していた

①ボールを上げようと心の中では思っていた

ボールを上げたいと考えてしまう心理はゴルファー、特に初心者の方に多く見受けられます。中級者の方でも、フェアウェイウッドやユーティリティーなどをフェアウェイから打つ時にボールを高く上げたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
高く上げたいからどうするか?普通のゴルファーであれば、ボールをすくい上げようとするでしょう。しかし、地面に置いてあるボールを下からすくい上げるのは手前に穴でも掘らない限り不可能な事です。
クラブヘッドがダウンスイングで降りてきて、最下点に到達します。その後、つまりクラブヘッドが上昇している時にティーアップされていない(地面から浮いていない)ボールを捕らえようとすると必ずと言っていいほどトップになります。

②ヘッドがインパクトよりも前に手を追い越していた

例えばドライバーなどで振り遅れに悩んでいる方はヘッドが手を追い越すように振ろうと考えるパターンが多いようです。つまりヘッドが返らないためにスライスしてしまい、それを何とかしようとヘッドを手よりも先に・・・と考えるのです。
ダウンスイングでどこか苦しい。どこかパワーを解き放つためのスペースが足りないと感じることはありますか。だからヘッドが先にゆくように振ってしまう。
しかし、ヘッドを返すこと=ヘッドが手を追い越すことと考えても恐らく上手くいきません。フェースが自然に閉じるという事はヘッドが返ることに繋がります。
フェースがダウンスイングで自然に閉じるようになると、面白いようにダウンスイングにスペースが生まれます。パワーを解き放つのに必要な助走ができるようになるのです。

「トップ」ランキング

1位
アプローチの真髄あなたのベストスコアを確実に更新し、飛距離で負けてしまう相手にもスコアで勝てるようになる。
一度覚えてしまえば一生有効なアプローチの真髄を今からあなたに伝授します。
2位
100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法平均スコア130台の男がたった2週間ある変わった練習を取り入れただけで「ビシッ」と快音響かせて「ギュンッ」と真っ直ぐ飛んでいくボールを「連発」…自然と100を切るゴルフ習得法を今すぐ知ってください!
3位
USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD世界最高峰US PGAツアー公認メソッドに基づいた丁寧で分かりやすい指導はツアープロも絶大なる信頼を寄せています。あなたもUS PGAツアー公認メソッドで今よりもワンランク上のゴルフを目指してみませんか?